FC2ブログ

がん専門のスーパードクター及び医療の紹介 進化したガン免疫療法

がんの初期症状・検査・検診方法・がん治療・ガン難民コーディネーター・専門病院等の情報

ホーム > technical term > がん専門のスーパードクター及び医療の紹介

がん専門のスーパードクター及び医療の紹介



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
TV番組のキミハブレイクで世界のスーパードクターの特集をしていました。
がんに関わる専門医の特集で大変興味深いものでした。

がん治療も日々進化しており、従来長い治療期間が必要だったもの、
体に大きく負担がかかる治療方法、
以前は保険適用でなかった治療法法も紹介されています。

以下にいくつかメモしたものを含めてご紹介します。

福島孝徳先生 脳腫瘍/鍵穴手術
 アメリカ在住で日本にはあまり滞在していないが、帰国した際には多くの脳腫瘍の手術を請け負追っているそう。TVで紹介されていたのは、脳の約半分が腫瘍に冒されている患者だった。通常であれば手術後は当然後遺症が懸念させる状態であった。"キーホールオペレーション"と呼ばれる非常に繊細さが要求される手術法を用い、延べ2万人以上の脳腫瘍患者を救ってきた天才脳外科医との紹介であった。今回は女性患者の脳を蝕む直径6cmの巨大脳腫瘍の手術が紹介されていた。
    
泉並木先生 肝臓がん/ラジオ波焼灼術
 症例数は1150例以上のラジオ波灼術のスペシャリスト。ラジオ波灼術とは、がん細胞に細い針を刺して、100℃の熱で焼き切る手術方法。身体的負担を軽減する。尚、ラジオ波治療は3年ほど前までは保険適用ではなかったが現在では保険適用となっている。


工藤進英先生 大腸がん/内視鏡的粘膜切除術
 神の目を持つ外科医と呼ばれる。これまでに13万件もの大腸内視鏡検査を実施しているそう。内視鏡手術のスペシャリスト。TVでは通常は外科手術が必要な大腸がんの手術を内視鏡手術で行っていた様子が放映されていた。外科手術と比較し、当然身体への負担が少なく、早期発見であればほぼ感知する可能性が高い大腸がんの手術に対し、高齢者の身体的負担を減らし、尚且つ、実際の手術は保険適用がなされ2万円程度に収まっている。

不和信和 放射線治療医/陽子線治療
 南東北がん陽子線治療センターの大型治療器具と併せて紹介されている。陽子線治療は一般のX線治療と異なり、部位へのピンポイントの治療を可能とし、X線治療のように他の部位に影響を与えることなくガンを消滅させることができる最先端の手術方法。器具も非常に大型のものになる。身体への負担は大きく軽減されるが、未だ保険適用とはならず、TVでは治療に対してのあるケースの費用は約300万円と放映されている。


スポンサーサイト



[ 2009/04/28 21:12 ] technical term | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
基金
アフィリエイト収入の27%は国内で手術を受けられない小幼児の募金活動に使われています。
My Yahoo!に追加

報道ステーション特集(1/22)
最新記事
<(_ _)> 無料で募金1クリック1円
クリックで救える命がある。       ◆恵まれない方のために◆       ↑クリックするだけで、無料で1円が寄付できます。 寄付の対象は恵まれない子供達や、地球の緑です。
***
医療品等取扱店