FC2ブログ

ワクチン療法 進化したガン免疫療法

がんの初期症状・検査・検診方法・がん治療・ガン難民コーディネーター・専門病院等の情報

ホーム > technical term > ワクチン療法

ワクチン療法



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
1.腫瘍細胞ワクチン
患者さんのがん細胞そのものを破壊したり、あるいは殖えないように処理してから本人に接種し、がんに対する特異的な免疫を誘導する治療法です。しかし、がん細胞のみではT細胞の活性化に必須である分子が存在しないので、がん特異的抗原に対する免疫反応の誘導が十分に行われない可能性があります。最近では、がん細胞に免疫反応に必要な補助分子などの遺伝子やサイトカインの遺伝子を導入し、治療に用いる試みが行われています。(中略)

2.がん特異的抗原ペプチドによる免疫療法患者さん本人の免疫ががんを排除できるかどうかは、長い間わかりませんでした。しかし、TIL中にがんを認識するキラーT細胞が存在することが明らかになり、続いて、このキラーT細胞が認識することのできるがん細胞に特異的な抗原のあることが明らかになりました。現在までに、数十種類のがん特異的抗原が見つかっていて、その遺伝子も明らかとなってきました。最近では、さらにがん特異的抗原の中でHLAに結合しやすいペプチドや、がん特異的抗原そのものを用いた新しい免疫療法が行われるようになってきました。先に述べたような樹状細胞を用いてがんに特異的なキラーT細胞を誘導する方法や、がん特異抗原あるいはそのペプチドを、免疫反応を増強させる補助物質(アジュバントと呼びます)とともに皮下に投与する治療法もあります。

[効果]
主に、悪性黒色腫を対象にしています。がん特異的抗原による治療によって、肺にあった転移巣が消失した例や、IL-2の併用によってがんが消失した例等が報告されています。しかし、臨床的有用性に関する結論はまだ得られていない状況です。

[問題点]
がん特異的抗原ペプチドはHLAクラスIによって提示されるために、HLAクラスIを発現していないがんに対しては効果が期待できません。また、HLAの種類によって結合するペプチドが限られているために、特定のHLAを持つ患者さんにしか使用できないという問題点があります。「国立がんセンターがん対策情報センター出展」

4.jpgガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ RANKING 
ガン難民コーディネータ ranking
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2009/02/11 15:16 ] technical term | トラックバック(-) | コメント(-)
基金
アフィリエイト収入の27%は国内で手術を受けられない小幼児の募金活動に使われています。
My Yahoo!に追加

報道ステーション特集(1/22)
最新記事
<(_ _)> 無料で募金1クリック1円
クリックで救える命がある。       ◆恵まれない方のために◆       ↑クリックするだけで、無料で1円が寄付できます。 寄付の対象は恵まれない子供達や、地球の緑です。
***
医療品等取扱店