FC2ブログ

局所療法と全身療法 進化したガン免疫療法

がんの初期症状・検査・検診方法・がん治療・ガン難民コーディネーター・専門病院等の情報

ホーム > technical term > 局所療法と全身療法

局所療法と全身療法



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
局所療法と全身療法
がんの治療は、「局所療法」と「全身療法」に分けることができます。

A.局所療法

外科療法、放射線療法等があります。

①外科療法は、がんを含めて正常細胞の一部を切り取って、がんをなくしてしまう治療法ですから、原発巣(がんが最初にできたところ)にがんがとどまっている場合には完全に治すことができます。

②放射線療法は、がんのあるところへ高エネルギーの放射線を照射したり、あるいは小さな放射線源をがんの近くの体内に埋め込んで、がんをなくす方法です。放射線療法も同様に、原発巣にとどまっているがんの場合には完全に治すことができる場合もあります。基本的に、外科療法も放射線療法も治療目的で行う場合は、がんが局所(原発巣)にとどまっている場合に適応となります。それ以外にも、症状緩和の目的で使われる場合もあります。例えば、骨転移などによって患者さんの疼痛(とうつう)が非常に強い場合には、その部分への放射線照射によって痛みを緩和することができます。

局所への効果をねらって行う薬物療法もあります。例えば、がんが必要とする栄養を送っている血管(栄養動脈)に、選択的に抗がん剤を注入する「動注療法」も局所療法に当たります。

B.全身療法
抗がん剤やホルモン剤等の薬剤を、静脈内注射や内服等の方法で投与する薬物療法が主体になります。がんには、抗がん剤によく反応するタイプのものと、そうでないものがあります。白血病、睾丸腫瘍等のがんに対しては、薬物療法によって完全に治すことが期待できます。完全に治すことができない場合でも、がんの大きさを小さくすることで、延命効果痛みなどの症状を和らげることが期待できます。しかし、薬物療法で使われる抗がん剤の多くは副作用を伴うことが多く、その使用には高度の専門知識が必要です。
               「国立がんセンターがん対策情報センター」出展
16

ガン難民コーディネーター RANKING 
ガン難民コーディネーター blogranking
ガン難民コーディネーター information1
ガン難民コーディネーター にほんブログ村   
ガン難民コーディネーター information2
ガン難民コーディネーター information3

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



[ 2009/01/29 21:29 ] technical term | トラックバック(-) | コメント(-)
基金
アフィリエイト収入の27%は国内で手術を受けられない小幼児の募金活動に使われています。
My Yahoo!に追加

報道ステーション特集(1/22)
最新記事
<(_ _)> 無料で募金1クリック1円
クリックで救える命がある。       ◆恵まれない方のために◆       ↑クリックするだけで、無料で1円が寄付できます。 寄付の対象は恵まれない子供達や、地球の緑です。
***
医療品等取扱店