FC2ブログ

その他 進化したガン免疫療法

がんの初期症状・検査・検診方法・がん治療・ガン難民コーディネーター・専門病院等の情報

ホーム > カテゴリー - その他

ガンを消滅させた父の奇跡を本にしました。



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
タイトルの「ガンを消滅させた父の奇跡を本にしました。」とは

末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父~中西医結合医療の可能性を信じて
(講談社)著者:黒岩祐治
黒岩祐治さんプロフィール→http://www.fujitv.co.jp/caster/kuroiwa/

という長いタイトルの本のご紹介文です。
著者はリンクURLをご覧頂ければ皆様ご存知のあの方です。

肝臓ガン12センチ、腫瘍マーカーが5200(正常値は40以下)という絶望的な状況(末期ガン)から、奇跡的に回復し、「ガンは完治しました」とドクターに言わしめるまでに至った経過とあわせて、現在の保険医療制度の問題やがん患者としての取り組むべき姿勢など、闘病記とあわせて克明に報告され、示唆に富んだ内容です。

「中西医結合医療(漢方と西洋医学を併せた新しい医療)」や「奇跡」体験をジャーナリストとして俯瞰し、みずからのナマの体験を経由して記録されている点は注目に値するかと思います。
ご縁がありましたら。

63.jpgガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ RANKING 
ガン難民コーディネータ ranking
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2009/05/19 10:25 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

セカンドオピニオンとインフォームドコンセント



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
がんの治療において注目されているのが
セカンドオピニオンと
インフォームドコンセント。

大まかにはセカンドオピニオンは他の医療機関の意見で、
インフォームドコンセントは治療方針の説明と同意です。

患者にとって最も適切かつ有効な治療方法を見つけ、かつ
効果を最大限に高めるのにこの2点はかかせないと思います。


セカンドオピニオンは
現在の主治医や担当医の医療行為に対し、別な医師からの意見を聞く
ことで現在の医療行為が適切かどうかを検証することです。
(セカンドオピニオンを求め、主治医に診療情報提供書を作成してもらって
他の病院でセカンドオピニオン外来(自費診療)を受診するケースは、
健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となることに注意。
これは「医療行為」ではなく、セカンドオピニオンが「相談」と解釈
されることに起因するらしい。なお保険医療機関を受診し保険証を提示して、
患者が一般外来での保険診療を希望する場合は、保険診療の取扱いとなる。)

インフォームドコンセントは
一般に普及していると考えられているが、
ただの事前説明に留まり、患者が果たして納得して同意しているのかどうかは
疑問が残るところだと思います。
現実的に、納得して同意するレベルを医者に求めたら、いつまでたっても
自分の診療の順番は回ってこないというパラドクスに陥りそうです。
従って、十分な同意を得るためには自らが情報を収集し、判断材料を吸収
していくことが唯一それを可能にするのではないでしょうか。

セカンドオピニオンやインフォームドコンセントとがんの関係は
外科手術や抗がん剤の副作用などの直接的影響をイメージさせます。

具体的には、
本当に外科手術が必要かどうかのセカンドオピニオンや副作用について
事後のトラブルを回避するためのインフォームドコンセントといった
イメージです。

しかし、それら直接的な影響のほかにも、
間接的に患者を助けることになるケースがあると私は思っています。


間接的影響は担当医に「全てを委ねる」という依存関係から脱して、
より適した治療法を患者自身が自分自身で考えるという主体性の確立に
影響を及ぼすということです。
身体に関わる精神の影響についてはあらためて論じるまでもないでしょ
う。

現状を認識し、正確な知識を持ち、自分自身で対処方法を決定して
いくことで、結果的に免疫力を高め、がんに打ち勝っていく様子が
つづられている書籍などは多い。

いわゆる「信じる力」ということになるのかもしれない。

実際に患者の立場にたって考えてみると、治療途中でいろいろな
民間療法や治療方法の知識が入ってくる。本人はもちろん、周囲も
いろいろな情報を持ってきてくれる。

それらの情報の信憑性をちいち判断しなくてはならず、また特に
漢方などはその効果が客観的に証明されていないものもある。
実際には右往左往してしまうのが人間の性であり、隣の芝生は
青く見えるもので、他の方が高価な民間医療を行っているという
情報が入ればそれにすがりたくなるのもまた人情であると思う。

結果的に本人も周囲も混乱してしまうことにもなりかねない。

このような精神衛生上、あるいは金銭的にも不利益をこうむるような
状況に対し直接的にも間接的にも
セカンドオピニオンとインフォームドコンセントは重要な役割を
果たすと思います。

首尾一貫した医療方針が示され、それに向かって関係者全員が
心をひとつにする。
忙しい毎日で忘れがちなこのことこそまずは治療の一歩ではないだろうか。
[ 2009/05/06 15:26 ] その他 | TB(0) | CM(0)

「藤野邦夫氏のデタラメを徹底批判する」



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
反論のコメントを頂きましたので、ここで掲載させていただきます。

「報道ステーション」の藤野邦夫さんのがん難民コーディネーターとしての特集については、報道直後から批判、反論も寄せられているようです。どちらに傾くのではなく、あくまでそれは選択であり、個人の意思によって選ばれるべき道です。一方で現実的には情報の量や質、生々しい話では預金や生活環境等の限られた条件の中で、その選択は限定的である(更に緊急であり重要である)のも事実です。その限定的である選択の余地が(報道等によって)広がるのは好ましいことだと思います。しかしながら、仮に情報自体がいたずらに歪曲されたり、善悪や、全体像の良し悪し(イメージ)が妄信を植え付け、そこへ漬け込もうとすれば、新たな「余地」も生まれてきます。それは悪なのかもしれません。今回のコメントも非常に参考になると考え、ここでご紹介させていただきます。

以下、コメント通りです。

「良くお読み下さい 臨床医のひとり言

<報道ステーションで取り上げられた
 ”がん難民コーディネーターなるもの”
 藤野邦夫氏のデタラメを徹底批判する>

2009年1月22日にテレビ朝日のニュース番組で、”がん難民コーディネーター”なるものが (ちなみにこういう国家資格はありません。あくまでも自称。)取り上げられ、期待半分不安半分で見ました。

結果はこれから記すように大変がっかり、いや怒りさえおぼえさせられる内容でした。
自称であろうとなかろうと”がん難民コーディネーター”が本当にがん患者さんのためになるものなら、 これほど歓迎する話はありません。
しかしこの番組や彼を取り上げた雑誌等を見る限り、藤野氏はデタラメを信じさせるような怪しげな医者と結託して、 がん患者により良い治療から目を背けさせているように思えます。

まず藤野氏に問いたい。


(質問1)
ホメオパシー治療が本当にがん患者に必要な医療であると考える根拠はなにか?
がん患者の延命・症状緩和に効果が認められたという論文は1つでもあるのか?

もちろんそれは世界的に評価が高い(インパクトファクターが高い)論文に限定されます。 (あなたのお仲間の医者たちがつるんでいる例の研究会の論文では駄目です。)
ちなみに私のほうはホメオパシーを受けた患者の治療成績がプラセボを処方された患者の成績と変わらないという 論文を証拠として提出できます。
→(Lancet, 366(9487) 726-732, 2005)

(質問2)
あなたの言うような免疫力を高める治療をして「医者から余命3ヵ月以内と診断されても 10年以上生きているがん患者さんが数万人以上いる」というのは事実なのか? それが事実なら証拠を示して欲しい。

もしそれが翻訳された本の内容だとしても、翻訳者である藤野氏の責任において、その本の著者に 事実かどうか証拠を提出するよう求めるべきです。
またご自分の経験からでも、あなたの言うとおりに免疫力を高める治療をして10年以上生存している人が いるのなら、具体的に何名で、そうした治療法を行った人のうちどれ位の確率で生存に成功したか、 データを提出するべきでしょう。

(質問3)
あなたのお仲間のお医者さんは番組で 「理論的なエビデンスがないものはいっぱいあります。(中略)西洋医学も中国医学もホメオパシーと 一緒に考えていけばいいわけですよ。」などと話していたが、藤野氏も同じ考えと捉えてよろしいか?

エビデンスがあり効果が確かめられている西洋治療法と、何も効果が立証されず科学的な理論もない ホメオパシーがなぜ同じ次元で評価されるのですか?理由を教えてください。
上記のような考えをお持ちできちんとした理由も示せないならば、あなたは理論や効果が確かめられている 治療法の論文や学会の報告を読んだ事もなく、勝手に自分の理論を組み立ててがん患者に押し付けている 詐欺師の類と疑われても仕方がないのではないでしょうか。


日本のがん治療の問題点は確かにあります。


(問題点1)
まだ使用していない薬があるにもかかわらず「もう治療法はない」と言う がん専門病院の医師たちが存在する。

(問題点2)
その患者患者で治療の副作用、効き方が千差万別であるのに、標準治療法に固執し、 同じパターンでしか治療できないマニュアル医師が、がん専門病院に多い。

(問題点3)
病院、医局の方針等でがん患者に対して最適な治療法を行えないことがしばしばある。
既に優位性が確かめられている治療法ではなく、医局の方針どおりの治療法に固執する例は少なくない。

(問題点4)
多臓器がんや高齢者、心臓・肝臓・腎臓などの機能低下例、珍しい組織のがんなどの例では、 がん拠点病院や大学病院などでも途端に治療法が分からない機能不全に陥る事が少なくない。


だからこそ、がん難民化を防止するには他人任せではいけないのです。 これは厚生労働省やがん拠点病院だけの責任ではありません。
がん難民化は、藤野氏の言うような免疫療法に逃げ込む事で防げるようなものではありません。
何度もこのサイト(注1)で主張していますが、がん患者一人ひとりが自分の病気のことを良く勉強し、 自分の社会的条件にあう治療法を選択することで、初めてがん難民にならずに済むのです。

日本のがん治療のあり方を批判し、独特の闘い方をしている医師もいます。
彼らの言うことをすべて肯定するわけではありませんが、例えば少量休眠療法や超少量休眠療法と称して がん治療を行う医師もいます。またがん専門医から見捨てられたがん患者に生きがいを持たせることで、 がんと闘う気力を呼び起こし再びがんに立ち向かえるよう導く方法を取る医師もいます。
しかし「がんと闘うのはがん患者の免疫」という藤野氏の主張に何ら根拠はありません。
免疫力を低下させないようにがん治療を行うことと、免疫力を上げる治療でがんと闘うことは 全く別問題です。

免疫力を上げることでがんを治療するのではなく、患者のQOLを向上させるというなら 可能性があるでしょう。このことは否定しません。
従い、抗がん剤治療で免疫力が低下したがん患者に対して免疫力を上げる治療を併用する事は肯定できるとしても 「免疫力を上げる治療が、がんに効果がある」というのはありえません。

藤野氏のデタラメは、知識と判断力がない人でも入り込みやすいように「免疫力でがんは治る」と思わせ、 決して「がん患者のQOLを上げるために免疫治療を行いましょう」とは言わないことです。
彼のしていることは、がん患者が飛びつきやすい「治る」という言葉を多用する、似非療法を 唱える詐欺師たちとまるで同じように見えるのです。 (少し前までの健康食品の宣伝、バイブル本を思い出してください)
さらにマスコミが大好きな「無料の相談」という言葉で信用を得ようとするところも、まさに 健康食品や免疫療法などの勉強会への参加を無料にしたり、最初の1ヵ月分を無料にする悪徳業者の姿とだぶります。
これではとても信用できません。

藤野氏の最大の罪は、がん難民に対してホメオパシー治療を薦めている事ではありません。 愚かな選択とは言え、そうした治療法を選んでしまったのはあくまでもその患者の自己判断、自己責任だからです。
一番の問題は、がん難民の置かれている現状、問題点、解決策から意図的に目をそらさせ、 問題点を拡散させ、解決から遠ざけていることです。
失礼ながら藤野氏の肩書きは”がん難民コーディネーター”ではなく”がん難民生産コーディネーター”や ”がん難民目くらましコーディネーター”とするのが妥当でしょう。

では当の藤野氏の考えはともかく、彼を取り上げ”がん難民コーディネーター”とまで持ち上げて 世間にアピールした人たちの本当の狙いはどこにあるのでしょうか? つまり今回のような番組が制作されて本当に喜んでいるのは誰でしょうか?
言うまでもなく、自由診療の免疫療法や統合医療、そして民間療法や健康食品へ がん難民を誘導したい人たちです。

彼らが一番妨害したいのは、がん拠点病院の標準治療以外にも西洋医学的な治療法が残されていることを、 そしてそれがきちんとエビデンスがあり世界的に認められている治療法であることを、 がん難民に堂々と示している医師でしょう。

非常に批判的な文章となりましたが、私は藤野氏個人はそれほど悪人と思えないし、思いたくもありません。 彼はあくまでもがん難民に正しい解決策を教えたくない勢力に、その善意を利用されているだけなのだろうと思います。 お仲間のお医者さんもめくらましの役を主導的に演じていますが所詮は小物です。


(藤野氏及び藤野氏を取り上げたマスコミへの提案)

ご自分の主張にもし自信があるなら、そしてこれからも同様の活動を継続されるなら、 是非私と対談をしていただけるようこの場を借りて申し込みます。
ご自分の活動に信念と誇りがあるなら、またここに書かれた内容に誤解があると言うのなら、 是非討論させていただきたいと思います。 」

ここまで。

注1「http://2nd-opinion.jp/」←リンク先
[ 2009/02/19 21:48 ] その他 | TB(0) | CM(0)

藤野邦夫さん動画@報道ステーション



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
「がん難民コーディネーター」について興味を持った方もいらっしゃるかと思います。

がん難民コーディネーターとはどんな方なのでしょう?
ホメオパシー療法ブラキセラピーとは?
藤野邦夫さんの活動は?
経費や費用は?
など疑問を抱いた方もいらっしゃったかもしれません。。。

報道ステーションの公式ホームページで本日現在、がん難民コーディネーター藤野邦夫さんに関わる特集について動画配信を行っています。
放送後、藤野邦夫さんに多くの反響が寄せられているようで現在は連絡先等は表記されておりません。 ~連絡先の情報についてはこちら~

報道ステーション 2009年1月22日(木)放送
「見放された患者と共に闘う~がん難民コーディネーター~」
photo.jpg
こちらをクリックして下さい。
【医師の治療説明に不満足か、納得できる治療方針を選べなかった、いわゆる「がん難民」と呼ばれる人たちは、全国に数多くいる。そうした人々の相談に耳を傾け、悩みや不安解消に努めている人物がいる。本職は海外の医療関係書の翻訳。自らがんを患った際に最新治療を受けようとしたが、専門の泌尿器科医たちはその名前すら知らなかった。それ以来、日本のがん治療に疑問を抱き、患者に様々な治療法の提案を始めたという。“がん難民コーディネーター”の活動に密着した。】

 ガン難民コーディネーター ranking          関連ニュース
 ガン難民コーディネーター blogranking 
 ガン難民コーディネーター information/index1  ガン難民とは・・・  
 ガン難民コーディネーター にほんブログ村     関連記事 
 ガン難民コーディネーター information/index2  末期がん闘病記~
 ガン難民コーディネーター information/index3  かくして患者たちは生還した

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
 

[ 2009/02/19 21:45 ] その他 | TB(0) | CM(0)

がん医療に関わる治療費以外の費用など



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
下のテキストが参考になると思います。

「入院時の差額ベッド代(室料差額)が、治療費以外の費用のうち大きなものです。病院の求めで個室に移る場合は全額が自己負担になることはありませんが、本人の希望で個室に入った場合は、全額自己負担、高額療養費の対象からもはずされます。このほか、通院の交通費、遠方の方が通院治療を受けるために宿泊施設を必要とする場合の費用、紹介状や保険請求のための書類作成費用、諸雑費など、思わぬ費用がかかることがあります。
支援制度以外にも、所得税確定申告の医療費控除の対象となる費用もあります。医療費控除の対象や手続きなどはインターネットの国税庁のサイトなどで調べられます。

生命保険/がん保険
現在は、各社からさまざまなタイプの生命保険や疾病保険、特にがん保険などが出ています。契約内容により、保障の限度、給付金などが決まりますが、おりる保険金はあくまでも契約先の保険会社の判断によります。保険金請求のために医療機関で作成する必要書類は有料です。必要数が多い場合は、コピーの使用の可否を確認しておくと良いでしょう。

社会生活に関すること
受診する病院も決まり、費用についての心配も多少は軽減、次は、長期になるかもしれない欠勤を含めて、職場にどこまで知らせるかという問題が持ち上がってきます。
状況によっては、有給休暇ではまかない切れなくて、病気休暇を取ることになるかもしれません。そのためには病名を職場に届ける必要性も生じ、また給料の減額もありえます。休業補償としての社会保険や組合保険で出る傷病手当のことなども調べておいたほうが良いでしょう。
自営業などで国民健康保険に加入されている場合は、社会保険と違って給与保障がありません。医療費としては、高額療養費助成を活用、生活費としては、場合によっては生活保護を受けることを視野に入れる必要が出てくることもあります。
長期にわたるがん治療に、安心して専念するためにこういった制度があることを知っておくことも大事なことです。

介護休業
医療施設ではなく、在宅ケアという選択をする患者さんも増えてきています。在宅ケアでは、往診医や訪問看護師と共に、家族も介護に参加することになります。
育児・介護休業法が、仕事と家庭の両立を推進するという目的で改正され、平成17年4月より施行されています。この改正にあわせて、各企業の就業規則も見直されています。勤務先の就業規則について、一度、ご確認ください。
雇用保険法では、家族の介護のために介護休業を取得された方に対して、一定の条件の上で、雇用保険より介護休業給付金が支給されることが定められています。この支給の申請は、介護休業を終えた後に行わなければならないため、受給も介護休業を終えた後になります。
在宅ケアを検討される際には、これらの制度を活用することもご検討ください。」
(「国立がんセンターがん対策情報センター」出展)

治療費についてはこちら

 ガン難民コーディネーター ranking          関連ニュース
 ガン難民コーディネーター blogranking 
 ガン難民コーディネーター information/index1  ガン難民とは・・・  
 ガン難民コーディネーター にほんブログ村     関連記事 
 ガン難民コーディネーター information/index2  末期がん闘病記~
 ガン難民コーディネーター information/index3  かくして患者たちは生還した



[ 2009/02/04 14:23 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

がん(癌)の治療にかかる費用



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
さて、受診しようとする病院もほぼめどがついたとします。ここで治療費がどのくらいになるのかという心配が、にわかに現実味を帯びてきます。
しかしそれほど心配されるには及びません。いろいろな助成制度があります。

1)高額療養費助成
同じ月の間に同じ医療施設の同一診療科で保険適用の自己負担額が一定の金額を超えた場合に、超えた額の払い戻しが受けられる制度です。外来と入院とを別にして計算、申請により支給されます。この場合の「一定の金額」は、被保険者の収入によって異なります。
※ 平成19年4月診療費からの変更点
平成19年4月診療費分より保険証の発行機関(国民健康保険であれば市役所等、政府管掌であれば所属社会保険事務所等)から事前に限度額適用認定証の交付を受けることによって、高額療養費の申請をしなくても支払額が自己負担限度額までになるようになりました。詳細について、保険証の発行機関に確認しておくことをお勧めします。 なお、外来については従来どおり申請によって2、3ヵ月後に戻ることになります。

支給額の目安(平成18年10月以降)
課税世帯: 自己負担限度額=80,100+{(総医療費-267,000円)×0.01} 円
上位所得者世帯:自己負担限度額=150,000+{(総医療費-500,000円)×0.01} 円
非課税世帯:上限額は定額 35,400円

過去12ヵ月間に、同じ世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目からは、課税世帯の一定額が44,400円、上位所得者世帯の一定額が83,400円、非課税世帯が24,600円となります。

また、70歳以上の人の自己負担限度額(平成18年10月以降)は次のようになっています。

課税所得が145万円以上の人   
  外来(個人ごと)  44,400円     
  入院および世帯ごとの限度額 80,100+{(総医療費-267,000円)×1%} 円
                 
                外来(個人ごと)   入院および世帯ごとの限度額
市県民税が非課税世帯の人    8,000円              24,600円
年金収入が年80万円以下の人   8,000円              15,000円
上記以外の人            12,000円              44,400円

・外来で1ヵ月に医療機関に支払った患者負担が限度額を超えたときは、市区町村へ申請すると超えた分が払い戻されます。
・入院については、患者負担限度額までの支払いとなります。
・同じ世帯のすべての外来と入院の患者負担を合算して、世帯単位の限度額を超えた分についても払い戻されます。
・課税所得が145万円以上の人が、過去1年間に4回以上入院および世帯ごとの限度額を超えて、高額医療費の支給を受ける場合、4回目からの患者負担限度額は44,400円になります。

2)小児慢性疾患医療費助成制度
小児慢性疾患医療費助成制度とは、18歳未満のお子様で、小児慢性疾患の認定基準に該当する方が、医療費の助成を受けられる制度です。悪性新生物(がん)と診断された場合、対象となります。経済的に安心して医療を受けるためにも、医療費助成の受給申請をしましょう。
申請先は、お住まいの市区町村の窓口(ほとんどの場合は管轄の保健所)です。まずは、窓口で指定の申請書類一式をもらってください。申請書類の中には、医師に記載していただくものもあります。また、申請→認定→助成開始となるまでには日数もかかりますから、早めにお住まいの市区町村の窓口(保健所)へ行かれることをお勧めします。(18歳のお誕生日が近づいている方は、特に申請をお急ぎください。)
さらに、18歳に達した時点で小児慢性疾患の医療券をお持ちの方のうち、引き続き医療を受ける方は、20歳未満まで延長することができます。(1年ごとに更新)
現在、助成対象内容は、1)医療費、2)入院時食事療養費標準負担額(一部対象外あり)、3)治療に要する補装具、4)訪問看護療養費です。
一般的に、医療費は健康保険や高額療養費制度でまかなえない分が自己負担となるわけですが、この制度を利用すれば、自己負担限度額(月額)が生計中心者の所得に応じて定められ、それを超えた額は免除されます。(市区町村民税非課税世帯・生活保護世帯は自己負担額なし。)なお、重症患者認定を受けた方は、所得に関係なく自己負担額の全額が免除となります。
また、何ヵ所かの医療機関で医療を受ける方は、医療機関ごとの申請が必要です。ある医療機関ですでに小児慢性疾患の医療券をお持ちでも、別の医療機関で新たに治療を開始されるのであれば、再度、追加申請しなければなりません。ただし、セカンド・オピニオンのみの場合は対象外です。ご注意ください。
(中略)

3)高額療養費貸付
高額療養費助成は、申請から支給まで2~3ヵ月かかります。それまでの間の医療費支払いのための貸し付け制度です。無利子ですが、貸付額は実際の医療費支払い額とは異なります。
上記のほかにも類似の支援制度がありますが、入院時の食事代、差額ベッド代はこれら高額療養費の対象にはなりません。それでも医療費の支払いに心配がある場合は、病院の医事課(会計課)に相談することをお勧めします。(「国立がんセンターがん対策情報センター」出展)

治療費以外の費用はこちら

69.jpgガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ RANKING 
ガン難民コーディネータ ranking
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2009/02/04 14:17 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

藤野邦夫さんご連絡先



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
このサイトをご覧になられた方で藤野邦夫さんの連絡先を知りたい方もいらっしゃるかもしれません。私がテレビ朝日のサイトを見た際にはすでに掲載されていませんでしたので、残念ながら真贋はわかりかねます。
もしこの連絡先をすでにお使いになられていなければ申し訳ありません。(またリンク先に掲載が無い場合もあると思います。その際もごめんなさい)
もし、連絡先としてまだお使いになっていらっしゃるようでしたら。。。少なくとも事前に書籍を一読するなどして、理解を深めてくれぐれも礼を失しないよう・・・蛇足です。

こちら→連絡先へリンク

 ガン難民コーディネーター ranking          関連ニュース
 ガン難民コーディネーター blogranking 
 ガン難民コーディネーター information/index1  ガン難民とは・・・  
 ガン難民コーディネーター にほんブログ村     関連記事 
 ガン難民コーディネーター information/index2  末期がん闘病記~
 ガン難民コーディネーター information/index3  かくして患者たちは生還した

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2009/02/02 10:35 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

抗がん剤による副作用について



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
1)血液毒性ー骨髄抑制
抗がん剤の多くは増殖が盛んな細胞に作用するため、骨髄細胞や毛根といった正常細胞もダメージを受けやすくなります。骨髄細胞(幹細胞)は血液中の細胞(白血球、赤血球、血小板)のもととなる細胞のため、これらがダメージを受けることにより、血液中の白血球、赤血球、血小板の減少が起こります。これらの細胞は、免疫、酸素運搬、血液凝固といった大切な役割を持っているので、減少の度合いが強いと命にかかわりかねません。そのため抗がん剤を投与するときは、頻回に採血をし、毒性をモニターすることが大切となります。

2)白血球の減少と発熱
ほとんどすべての抗がん剤に白血球減少がみられるため、抗がん剤の投与量が規制されます。白血球減少は、最も高頻度に現れる薬物有害反応といえます。白血球が減少する時期は抗がん剤の種類によって違いますが、3~4週間の間隔で注射をする場合、多くは10~14日後に最も減少します。減少する程度は個人差があります。そして白血球数が2,000/μl以下になって免疫力が低下し、発熱、感染症(肺炎など)の可能性があると判断した場合には抗生物質を投与することがあります。(中略)

3)血小板の減少と出血傾向
血小板は出血を止める働きがあるため、血小板が減少すると出血しやすくなり、皮下に出血斑ができたり、歯を磨いたときに出血するようになります。さらに血小板減少が重症化すると、脳出血や消化管出血のおそれが強くなるので、入院をして血小板輸血をしなければならない場合もあります。

4)血色素の減少と貧血
赤血球は白血球に比べて寿命が長いため、抗がん剤により高度の貧血を起こすことはまれですが、軽度の貧血はよく起こります。血色素が7~8g/dlになるとめまいなどの症状が出ることもあります。抗がん剤の投与によって消化管出血などを起こしやすくなるため、出血による貧血も起きやすくなります。短期間で貧血を改善する薬はまだないので、貧血が高度の場合は、輸血による治療を行います。

5)吐き気や嘔吐
抗がん剤による吐き気は、投与1~2時間後から起きる早期のものと、1~2日後から出てくる遅発性のものがあります。ともに個人差が大きく、精神的な影響も関係するせいか、女性に多くみられます。多くの抗がん剤で共通する薬物有害反応ですが、その機序は研究段階です。早期の吐き気は24時間以内に治まることが多いですが、シスプラチンなどの薬剤は24時間を超えても持続します。患者さんにとってはつらい薬物有害反応のため、抗がん剤の治療をするときには、吐き気が起きる前に制吐剤を抗がん剤と一緒に投与します。メトクロプラミド、ステロイドホルモン、塩酸グラニセトロン、塩酸オンダンセトロン等が使用され、昔に比べると吐き気はかなり薬でコントロールできるようになりました。遅発性の吐き気は出現した場合、早期の吐き気に比べて、薬でのコントロールが難しいとされています。

6)しびれ感
微小管作用薬などの治療では、指先や足先からはじまるしびれ感が出ることがあります。進行すると手足の感覚がなくなり、食事中にはしを落とすような症状が出ることがあります。指先の運動など血行をよくすることが大切ですが、回復しづらい症状のため、悪化させないためには抗がん剤の投与を中止する必要があります。ビタミン剤を使うことがありますが、効果は不十分です。しびれ感など末梢神経障害に対する新薬が開発中です。
「国立がんセンターがん対策情報センター出展」

43.jpgガン難民コーディネータ RANKING 
ガン難民コーディネータ RANKING
ガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2009/02/01 12:57 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

抗がん剤による薬物有害反応について



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
抗がん剤には、がん細胞を死滅させるとともに、正常な細胞も傷害させてしまうという作用(薬物有害反応)があります。理想的な抗がん剤は、がん細胞だけに作用して正常な組織には作用しないという薬ですが、残念ながらそのような薬は現在のところ存在しません。(中略)抗がん剤の薬物有害反応はさまざまですが、正しく使えば多くの場合は使用を中止すれば治ります(可逆性)ので、がんの治療は可能です。薬物有害反応を薬により軽減させることも、薬物療法の大きな役割です。治療を受ける方が薬物有害反応に十分耐えることができ、そして十分効果的にがん細胞を破壊できる抗がん剤が、実際の治療に使用されています。

近年では、薬物有害反応の異なる複数の抗がん剤を同時に用いて薬物有害反応を分散させ、がんに対する効果も増強させる多剤併用化学療法が行われています。特徴の異なる薬剤を組み合わせることによってすべての薬物有害反応が軽く済み、軽い薬物有害反応なら薬物有害反応防止剤で克服できるということです。

がんの化学療法を安全に行うためには、抗がん剤の効果と薬物有害反応を熟知している専門医による治療が必要です。主治医は、通常どのような薬をどのように内服、または静脈注射するかとともに、その治療を受けた場合の効果と、どのような薬物有害反応が出るかを詳しく説明します。そのときわからないことがあれば必ず質問するなどして、よく理解したうえで治療を受けることが大切です。薬物有害反応をコントロールすることが、抗がん剤による治療にとって重要です。病状をよく知り、その治療の必要性をよく理解することは、薬物有害反応に対する心構えにもなります。「国立がんセンターがん対策情報センター出展」

86.jpg

ガン難民コーディネータ RANKING 
ガン難民コーディネータ RANKING
ガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2009/02/01 08:57 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

がん新薬の誕生までの道のり



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
最初の抗がん剤の発見以来、約30年の間に100種以上の新薬が開発され、現在、治療に用いられています。抗がん剤は、植物の成分、細菌の培養液など多くの資源から探索されます。あるいは、人工的に合成する場合もあります。新しい抗がん剤の候補が発見されると、ヒトの培養がん細胞やヒトのがん細胞を植えつけた動物に対しての有効性が研究され、次にその薬物有害反応が研究されます。がんに対する効果と、ヒトが耐えられるかどうか、その薬物有害反応はどういう種類でどの程度か等が判断された後に、実際のがん治療における有効性を知るために、臨床の研究へとステップアップします。

ヒトでの臨床研究では、まず、薬物有害反応、血中濃度、有効性等の研究(第I相研究)が行われます。このときに安全な投与量が決定されます。次に、この安全な投与量を用いて、薬の有効性と有害事象が研究されます(第II相研究)。以上の結果から、市販する価値を認められた薬のみが、広く治療に用いられます。一般に、新薬の発見から市販までに10年以上かかるといわれるほど、長い慎重な研究を重ねて新しい抗がん剤が誕生します。(中略)
「国立がんセンターがん対策情報センター出展」

37.jpgガン難民コーディネータ RANKING 
ガン難民コーディネータ RANKING
ガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2009/02/01 08:53 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

延命を目的として治療するがん(詳細)



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
延命を目的として治療するがんには、以下のようなものがあります。

1)頭頸部がん
シスプラチンにより、治療成績は飛躍的に向上しました。外科療法や放射線療法の前にシスプラチンを含む多剤併用化学療法を行うことで、治癒の可能性も期待できます。現在は、シスプラチン+フルオロウラシルが多用されています。

2)食道がん
肝臓など、食道から離れている遠隔臓器に多発性のがんが転移している場合は、抗がん剤を用いた化学療法が治療の中心となります。シスプラチンとフルオロウラシルを中心とする抗がん剤の多剤併用化学療法や、放射線療法との合併療法が有効です。近年は、転移だけでなく、もともと発生した部位では広がっているけれど、まだその部位にとどまっているがんに対しても化学療法と放射線療法の併用を行います。また、普通の手術後の治療法として、放射線の術後照射と併用しても行います。

3)非小細胞肺がん(肺がん)
小細胞肺がんと比較すると効果は低いのですが、シスプラチンを中心とする多剤併用化学療法で、以前よりよい治療成績が得られています。外科療法や放射線療法等の局所療法とは異なり、化学療法は抗がん剤による全身治療法なので、がんが転移するなど進行した場合では化学療法が治療の主体となります。現在、広く使用されている抗がん剤には、シスプラチン、カルボプラチン等の白金製剤を軸に、酒石酸ビノレルビン、塩酸イリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセル、塩酸ゲムシタビン等を組み合わせる2剤併用療法が主流です。副作用や効果を考慮して、組み合わせを替えたりします。(中略)

4)乳がん
薬物療法が比較的よく効くがんです。乳がんの薬物療法には、ホルモン剤抗がん剤、抗体療法があります。ホルモン療法や抗がん剤は、手術後に用いたときの再発予防効果、再発・転移したがんでの延命効果が証明されています。ホルモン療法は、女性ホルモンの受容体を発現しているがんが対象となります。化学療法としてはアドリアマイシン、シクロホスファミド、パクリタキセル、ドセタキセルなどの注射薬等のほか、フッ化ピリミジン系の内服の抗がん剤(カペシタビンなど)が用いられます。(中略)

5)胃がん
胃がんでは、手術が不可能な場合や手術の補助手段、手術後の再発防止など、補助的な治療法として用いられています。フルオロウラシルという抗がん剤が有効で、これを中心とする多くの多剤併用化学療法が行われます。

6)大腸がん
現在、大腸がんには、抗がん剤がいくつか使用されています。ある程度進行したがんに対して、根治的な手術後、再発を少しでも防止するための補助的手段として使われることがあります。また、がんが切除されなかった場合や、手術後再発し、再手術では切除できないような病変に対しても、抗がん剤はしばしば使用されます。フルオロウラシルが有効で、近年、この抗がん剤の奏効率を高める治療の研究が進み、好成績が得られつつあります。最近、塩酸イリノテカンが有効であることも報告されています。

7)膵がん
重い全身合併症がなく、肝臓、腎臓、骨髄機能に高度な障害がない場合は、化学療法が行われます。使用される抗がん剤には、ゲムシタビン、フルオロウラシル等がありますが、単独では薬剤の効果が十分でないことが多く、効果を高めるためさまざまな努力がなされています。

8)膀胱がん
肺や骨、リンパ節など他の臓器への転移がある場合には、シスプラチンを中心とした抗がん剤を使用して、全身化学療法を行います。多種類の薬剤を併用して行いますが、薬物有害反応がかなり強くみられます。奏効率は、60~70%といわれています。

9)子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん)
手術後は、抗がん剤のシスプラチンを主体とする多剤併用化学療法でがん細胞の完全消失が認められ、長期に生存している患者さんも増えています。子宮体がんでは、大量の黄体ホルモンによる内分泌療法が行われる場合が多いようです。

10)外陰がん
手術が不可能な場合は、放射線療法やブレオマイシンなどの抗がん剤の投与が行われます。

11)膣がん
外科療法や放射線療法等を主体とした治療を行いますが、抗がん剤などによる化学療法を併用することがあります。

12)悪性黒色腫(皮膚)
ある程度進行していたら、化学療法を併用します。

13)軟部腫瘍(成人)(小児)
悪性度の高いがんに対しては、手術後に全身的化学療法を続けて行います。
「国立がんセンターがん対策情報センター出展」


94.jpgガン難民コーディネータ ranking
ガン難民コーディネータ RANKING
ガン難民コーディネータ information1
ガン難民コーディネータ にほんブログ村   
ガン難民コーディネータ information2
ガン難民コーディネータ information3

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2009/02/01 08:49 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

延命を目的として治療するがん(項目のみ)



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
延命を目的として治療するがんには、以下のようなものがあります。
1)頭頸部がん
2)食道がん
3)非小細胞肺がん(肺がん)
4)乳がん
5)胃がん
6)大腸がん
7)膵がん
8)膀胱がん
9)子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん)
10)外陰がん
11)膣がん
12)悪性黒色腫(皮膚)
13)軟部腫瘍(成人)(小児)
「国立がんセンターがん対策情報センター出展」

延命を目的として治療するがん(詳細)

 ガン難民コーディネーター ranking          関連ニュース
 ガン難民コーディネーター blogranking 
 ガン難民コーディネーター information/index1  ガン難民とは・・・  
 ガン難民コーディネーター にほんブログ村     関連記事 
 ガン難民コーディネーター information/index2  末期がん闘病記~
 ガン難民コーディネーター information/index3  かくして患者たちは生還した

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2009/02/01 08:44 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガン難民コーディネーター information/index1



文藝春秋 2009年 02月号

独占掲載。尊敬していた筑紫哲也さん(↑)の壮絶な生と死の記録。
1月22日のテレビ朝日「報道ステーション」でガン難民に対し無料でフォローするガン難民コーディネーター(翻訳家の藤野邦夫さん)が特集されていました。

ご覧になられた方も多かったのではないでしょうか。

FQ184.jpg


*ガン難民の定義
~日本医療政策機構~
「医師の治療説明に不満足、または納得できる治療方針を選択できなかった患者」
~日経メディカル~
「適切な治療を受ける病院が見つからない患者のこと。 特に、再発後や終末期にそうした状態になる患者のことを指すことが多い」
*藤野邦夫さんの著書
「がん難民コーディネーター~かくして患者たちは生還した~ 」
 (小学館101新書)など


無料でサポートする姿が報道され、おそらく(あくまで想像ですが)、今日は電話が鳴りっぱなしの状況だと思います。(私も含めて)身内をガンで亡くされた皆様には心痛む内容であり、闘病生活を送っていらっしゃる皆様には心に灯をともす内容でもあったのではないでしょうか。

「半年生き延びていればガン医療は進化する」

「海外では使用されていても日本では(医者でさえ)名前すら知られていない療法がある(放射線源をチタン製カプセルに入れ、部位付近に埋め込む。甲状腺がんの治療等に使用。ブラキセラピーと言うそうです。)」

「(社会保障の範囲においての)保険治療の限界」

など気づきを頂きました。

 ガン難民コーディネーター ranking          関連ニュース
 ガン難民コーディネーター blogranking 
 ガン難民コーディネーター information/index1  ガン難民とは・・・  
 ガン難民コーディネーター にほんブログ村     関連記事 
 ガン難民コーディネーター information/index2  末期がん闘病記~
 ガン難民コーディネーター information/index3  かくして患者たちは生還した

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2009/01/30 20:42 ] その他 | トラックバック(-) | コメント(-)
基金
アフィリエイト収入の27%は国内で手術を受けられない小幼児の募金活動に使われています。
My Yahoo!に追加

報道ステーション特集(1/22)
最新記事
<(_ _)> 無料で募金1クリック1円
クリックで救える命がある。       ◆恵まれない方のために◆       ↑クリックするだけで、無料で1円が寄付できます。 寄付の対象は恵まれない子供達や、地球の緑です。
***
医療品等取扱店